気になる結婚指輪の価格は!?

結婚指輪の相場はいくら?最近の傾向は

今では当たり前に行われている結婚式の指輪交換。以前は特に男性はつける人とつけない人がいたのですが、浸透してきましたね。その相場はふたりで22万円前後だといいます。エンゲージリングに比べるとお手頃な価格帯ですよね。結婚指輪は毎日身につけるものです。指輪に求められるのは耐久性と邪魔にならないシンプルさ、という理由でこのお値段のようです。金、プラチナ、銀などの相場変動で前後しますがこの価格帯ということには変化がないようです。 以前はかまぼこ形と呼ばれる、宝石をはめ込まない中高の指輪が主流でした。デザインは至ってシンプルなものだったのですよ。それが最近では2種類の金属を使ってねじった形、銀やプラチナを金で挟みこむ形など種類が増えました。

最近では女性の指輪が高いケースが増えています

結婚指輪というのは以前は男性の指輪の方がやや高めだったんです。そう、指のサイズの違いですね。女性の薬指のサイズの平均は6から9。それに比べて男性は15から20です。これでは地金がかかる分、男性の方が高価になるのは当然ですよね。 それが最近では数万円女性の方がお高めというケースが増えてきている様子。なぜでしょう?それはやっぱり、女性にとっては結婚指輪といえども装飾品という意識が高いためです。日常使いだからシンプルなものがいいけれど、やっぱりかわいいもの、きれいなものを求めるのが女性というもの。ダイヤモンドなど宝石をあしらったデザインはやはりやや高くなります。また、エタニティリングの流行はそれに拍車をかけました。あの、宝石がぐるっと一周、環状にはめ込まれたものです。見た目の華やかさと永遠を意味する縁起の良さで人気です。結婚指輪は一生ものです。妥協して無難な指輪をつけるよりも、思い切って好きなものを選ぶのが最近の風潮のようです。

結婚式を神戸で挙げると、神戸空港や新幹線の新神戸駅から式場に快適にアクセスができ、遠方からのお客様にも来て頂きやすいのが魅力です。